スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
牛乳(メグミルク)を濃縮して測定しました。
牛乳はお子さんを保育園、幼稚園に通わせている若いお母さんからリクエストが多いので、濃縮方法のテストを兼ねて測定してみました。

測定したメグミルク(野田工場) は千葉市内のスーパーで1000mlパックを3本購入しました。

CIMG4413.jpg

3リットルの牛乳をよく洗浄した大鍋に移し弱火で煮詰めていきます。

CIMG4415.jpg

上の写真で茶色の浮遊物が見えるのはちょっと目を離した隙に焦げ付いてしまった為で薄手の鍋でIHヒーターを使用したのが敗因かもしれません。(牛乳は糖分が多いので注意しないとすぐ焦げ付きます)
当所の計画では3L →1L と3倍に濃縮するはずでしたが1.5Lで断念しました。(ここまで約半日かかり)
鍋の底についた「焦げ」も削りとり牛乳に混ぜて計測しています。

結果は 1.5L の牛乳を7200秒(2時間)計測し 不検出となりました。 測定下限値は1.5Bq/kg(セシウム合計)ですが実際には2倍の濃度で測定しているので計算上は0.75Bq/kgになります。

NaIシンチレーターはゲルマニウム半導体検出器に比べて精度は劣りますが、試料の濃度を上げたり測定時間を伸ばすなど工夫次第では下限値を下げる事が可能です。

下の写真は国産大豆使用の木綿豆腐ですが重りをのせ一晩かけて水切りしました。
V4259.jpg

本来1個500gの豆腐ですが水切りし5個分をマリネリ容器に詰めて測定しました。
V4260.jpg

こうした前処理は非常に手間がかかるので通常の測定依頼ではお引き受けしていませんが、長時間測定を希望される方は事前にお問い合わせ下さい。空き時間、夜間に測定しますので当日検査当日報告はお約束できませんが、料金は測定時間に関わらず通常(会員2000円、非会員3000円)通りです。


05/03 19:28 | 放射能濃度測定結果 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/63-dddda9d9
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。