スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
線量計比較測定会を開催しました
お知らせしたように11月15日に「線量計比較測定会」を開催しました。当日は30名近い参加者の方で狭いしらべル内が身動きできなるくらいの盛況でした。
参加した線量計は
シンチレーション式:TCS-172B RT-30  Mr.Gamma(2台)Radi PA-1000(2台) PA -1100   DC-100  DoseRAEⅡ(2台) GammaMasterⅡ HSF(C12137-01)   東芝製サーベイメーター(1971年製) 自作プローブ(CsI+ロシア製PMT)
GM管式:TERRA MKS-05  RD1503 (2台)RD1706  RD1008(2台) Prypat
半導体式:MHE2  エアカウンター(2台)エアカウンターS 
と20機種以上の約30台でした。

MIMG3238.jpg
低線量線源:右2人目が講師の古山明男さん

MIMG3243.jpg
中線量線源:10cmで0.4μSv/h程度

市民測定所なでは1メートル離れても検知できるような高線量源は利用できません。また参加者の安全も考慮してアイソトープ協会のCs137標準密封線源(10cmで0.1μ程度)と土壌試料(10cmで0.4μ程度)を用意しましたが、いずれも30cm以上離れるとバックグラウンド線量と区別がつきません。(今回の測定はあくまで「比較」であって「校正」ではありませんのでご了解ください)

シートに記録していただいた結果をGoogleSpreadsheetで公開したのでご参照ください。

11/15線量計比較測定会結果のまとめ

11/15線量計比較測定会結果のまとめ(PDF)

11/16 23:19 | 新着情報 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/46-3a1b21dd
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。