スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
本の紹介
内部被曝」こうすれば防げる! 漢人明子著(小金井市議、「小金井に放射能測定室を作った会」共同代表)

キャプチャ   7月21日(土)いちかわ市民放射能測定室設立に向けての集会で、漢人明子さんの講演会があり参加してきました。本はそこで購入してきました。
漢人さんはチェルノブイリ事故後に市民の陳情で設立された小金井市の放射能測定室にずっとかかわってきた方です。

私たちもしらベルを発足する際、21年間と長年にわたり継続されてきた小金井市の取り組みは貴重で、一度は見学してみたいと思っていたところでしたので、詳しいお話が聞けて大変参考になりました。
小金井市は1990年にスタートし,主に輸入食品を中心に測定していますが、測定器を市が購入、維持管理し、測定を市民が行っています。
市民申し込みのもの(週1回)や保育園・小中学校の給食(年1回)を測定してきましたが、昨年からは検体数をふやしたとのことです。
また測定結果については放射能測定事業取り扱い要領に市民団体が責任を持つという一文をいれ、公表しているそうです。
昨年の事故直後の不安な中、食品の測定ができていたというのはすばらしい。放射能から身を守る3原則は「測る」「避ける」「動く」。多くのアドバイスが書かれています。
このほか小出裕章氏の「図解 原発のウソ」も会員の方から提供されました。ぜひご活用ください。
07/25 23:11 | 資料室 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/26-62347295
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。