スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
秋の「木の実」を測っています
しらベルではご依頼の方からいただいた検査料金を原資に流通品を購入したり、スタッフが採取または会員さんから寄贈された環境試料を測定して結果をお知らせしています。
今回はニュースレター秋号の発行にあわせて秋の「木の実」を測定しています。

1)くり
くりは生のままでは渋皮の除去が大変なので蒸気で加熱してから包丁で切り、可食部だけを取り出して測定しています。
IMG_2470.jpg
半減期2年のCs134は不検出がギリギリの数値ですが、いずれも合算で1桁台で有意に検出されています。
くりの測定結果(単位 Bq/kg)
原産地 Cs137 Cs134 Cs合計 測定
下限値
茨城県 3.6 N.D 3.6 (1.4)
千葉市 1.0 N.D 1.0 (0.5)
柏市 4.5 1.2 5.7 2.9
※下限値が( )付きはCs137単独の数値

くり(柏市)のスペクトル
kuri_kashiwa.jpg

2)どんぐり
根の張りの浅い灌木をのぞきくり、どんぐりなどの果樹で検出されるセシウムは根から吸い上げたというより原発事故直後に樹皮などに付着した降下物の影響と考えられ(地表面は人為的な撹拌や雨水による濃縮が起きやすい)汚染状況を知る手がかりだと思います。
今年も各地のいろいろなどんぐりが集まっています。
Donguri.jpg
どんぐりはよく水洗いして土、枯葉など有機物を取り除き乾燥させてから測定しますが、食べるわけではないので原型のまま1リットルを測定しています。
IMG_2471.jpg
ただしクヌギのように大型のどんぐりはプライヤーで潰してから金属カッターで裁断しています。
IMG_2482.jpg
都内西部の板橋区のどんぐりでも有意に検出されています。
どんぐりの測定結果(単位 Bq/kg)
採取地 Cs137 Cs134 Cs合計 測定
下限値
千葉市緑区 N.D N.D - 2.7
千葉市緑区 5.4 1.4 6.8 3.1
千葉市稲毛区 4.1 1.3 5.4 2.7
船橋市高瀬町 3.2 1.2 4.4 2.6
板橋区赤塚公園 4.8 1.2 6.0 2.5
どんぐり(板橋区赤塚公園)のスペクトル
donguri_akatuka.jpg

3)柿、ザクロ

千葉市花見川区の柿(百目)とザクロは継続して測定していますが、昨年、今年とも不検出になっています。
CIMG3140.jpg
ザクロはほどんど種で可食部はわずかですが種ごと1Lを測定、柿は皮をむき種を取り除いて可食部をフードプロセッサで処理して測定しています。
柿・ザクロ経年変化(2013年はザクロが不作のため欠測)
kaki_hist.jpg
もともと10Bq/kg台だったのですが2,3年で急激に低下したのが判ります。

ザクロ(千葉市花見川区)のスペクトル
zakuro_chiba.jpg

前回の記事でお知らせしたようにどんぐりマップの作成のため協力をお願いしています。会員さんでなくても何検体でも無料で測定しますので是非応募ください。

10/05 08:13 | 放射能濃度測定結果 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/188-cc851c11
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。