スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ふきのとうの放射能濃度
現在しらベルではニュースレター2015年春号を作成中ですが、特集としてスタッフが入手または会員さんから寄贈された各地のふきのとう(採取品、流通品)を測定しています。
測定した検体の内、福島県産の市場流通品の2検体はいずれも不検出でしたが、印西市産と千葉市産では1桁台とはいえ有意にセシウムが検出されています。

流通品 福島県田村市   不検出
hukinotou_tamura.jpg
流通品 千葉市若葉区  Cs合計 9Bq/kg
CAAqHrnUkAAP.jpg
いずれもカリウムを多く含みセシウムを取り込みやすい事が推測されます。

以下のデーターは福島で測定活動をされているSWR(株)さんからいただいたもので楢葉町に自生しているフキノトウを採取された結果です。やはり栽培物と異なり野生のフキノトウはそれなりの数値が出るようです。

採取品(非流通) 福島県楢葉町 95Bq/kg
naraha_hukinotoh.jpg
フキノトウ(自生)
P3080011-3.jpg
以下に福島民友の記事を紹介しますが、フキノトウは「環境感受性」が高く土壌放射能濃度とも強い相関があることをうかがわせます。

【福島民友】湿地のフキノトウが高濃度汚染か 杉浦准教授が調査

minyu.jpg

04/03 18:03 | 放射能濃度測定結果 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/172-afc808f5
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。