スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
小豆川勝見先生をお招きしてしらベル学習会を開催します
ニュースレターで会員の皆さまにはお知らせいたしましたが『みんなの放射線測定入門』の著者である小豆川先生をお迎えしてしらベル学習会を開催します。ふるってご参加下さい。

しらベル学習会
測定を続けることの意義
講師 小豆川勝見先生
(東大大学院 環境分析化学研究室)
 『みんなの放射線測定入門』(岩波ライブラリー)のほか
 『山と渓谷』20131月号「山の放射能Q&A」など
 寄稿、監修多数


日時:201536日(金)午後2時から4
会場:ちば市民放射能測定室「しらベル」
参加費:100円

小豆川先生は、原発事故以降、環境放射能の調査活動と同時に講演やTwitterなどを通して市民向けに情報発信を継続されておられます。
前半では、これまでの調査活動を通じて判った原発事故による環境影響や測定の問題点、 課題についてお話していただききます。
後半は放射線アドバイザーとして守谷市の人工河川の調査活動に関わられた経験から水系 への影響について、NHKETV特 集「ネットワークでつくる放射能汚染地図 川で何が起きているのか」に協力された桂川秀嗣先生(東邦大学名誉教授)と意見交換してい ただく予定です。
あわせて「測定を続けることの意義」についてみなさんと考える機会になればと思いま す、ふるってご参加ください。

小豆川先生 福島第1原発構内にて
shozugawa.jpg4642.jpg
桂川秀嗣先生









shozugawaPST.jpg

3月6日小豆川克己先生学習会ちらし(PDF)

01/31 12:42 | イベント情報 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/168-53691429
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。