スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
HSFで柏市大堀川中流域と通学路の放射線量を測定しました。
しらベルではEMF211スペクトロメーターによる食品、土壌などの放射能濃度の測定のほかにHSF(ホットスポットファインダー)による放射線量の出張測定を行っています。

今年3月に「環境とエネルギー・柏の会」の皆さんのご依頼で大堀川の中流域と周辺小中学校の通学路の放射線量をHSFで測定しましたが今回データーの公開について快諾いただいたので紹介します。
測定区間は柏警察署~柏厚生病院~柏中央霊園付近の大堀川沿いの東西2kmの範囲で、地上50cmの高さで歩きながら測定しています。
大堀川中流域(東側)画像をクリックすると拡大します。
kashiwa1.jpg

大堀川中流域(西側)
画像をクリックすると拡大します。
kashiwa2.jpg

大堀川流域は一部が1μSv/hを超える線量が確認され柏市による除染作業が行われましたが、当日も草刈り作業にともない河川敷の一部が立ち入り禁止になっていたため欠測部分があります。

当日は環境とエネルギー・柏の会の皆さんが同行し案内していただきながら測定しました。
S1871.jpg

事故から3年を経過し自然減と除染(低減措置)によりおおむね0.1台に低下していますが、土手沿いでは未だに0.2μSv/hを超える箇所があり、下写真の土手沿いの草地(駐車場脇)では地上5cmで0.8μSv/h(50cmでは0.32μSv/h)のマイクロスポットが確認されました。
S1876.jpg
上写真箇所のHSF画面キャプチャー
20140303_134518.jpg

なお、「子どもを放射能からまもる会in千葉」でも独自に大堀川下流域を測定を行っているのでご参照下さい。
HSFによる北柏ふるさと公園と大堀川下流域の放射線量調査

05/03 07:25 | HSF(ホットスポットファインダー)による線量測定 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/127-e9905390
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。