スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
やぶきた茶(茨城産)の放射能濃度を測定しました。
しらベルでは依頼品の結果は非公開としていますが、いただいた測定料金を原資にして購入した市場流通品、スタッフが採取、または寄贈された環境試料を測定して結果を公開しています。
今回はいわゆる「香典返し」として利用されているやぶきた茶(茶葉)の放射能濃度を測定しました。(産地は茨城県と表示されていますがおそらくブレンド茶葉だと推定されます。)
2263.jpg
少量、低密度(186g 350ml)のため3600秒では定量できなかったので一旦N.Dとしましたが、夜間を利用し43,200秒(12時間)測定してみました。
結果
Cs137:5.4±2.2 Cs134:2.9±2.3 Cs合計:8.3Bq/kg (存在比 0.53)
yabukita-tea.jpg
スペクトルを見るとCs134はかろうじてピークが確認できますが充分な計数が得られていないため誤差が大きく存在比も過大なので実質は7Bq/kg程度ではないかと考えています。
そこまで定量する必要があるかは意見が別れるかもしれませんが、測定上の問題に限定すればNaI(Tl)シンチレーターでの少量、低密度試料測定は測定時間を延長しても限界があるという点はご理解下さい。

04/20 09:34 | 放射能濃度測定結果 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/122-d3b71456
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。