スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
牛久市のお母さんたちの測定活動にHSFで協力しています。
しらベルではEMF211を使用しいご依頼の食品、土壌などの試料の測定と共にHSF(ホットスポットファインダー)を使用した環境放射線量の測定を行っています。
この間個人、団体の依頼でHSFによる現地測定を行ってきましたが、今回ご紹介するのは子どもの未来を守ろう@うしくのお母さんたちの通学路測定プロジェクトに協力して茨城県牛久市内を測定した結果です。

1)牛久市奥野小学校
2013年11月9日牛久市の除染基準に従い地上50cmで奥野小学校の通学路を歩きながら測定しました。(隣接する奥野生涯学習センター内のグランドは高さ1m)

HSFによる牛久市奥野小学校周辺の放射線量マップ
20131103_牛久市奥野

幹線道路も0.15μSv/h程度あり千葉市の倍近い線量ですが、特に道路に隣接した杉林周辺で線量が上昇し0.2μSv/hを超える箇所や、脇道に入ると0.35μSv/hの箇所があり茨城県南部の汚染の深刻さに認識を改めました。

杉林脇の歩道 0.37μSv/h(50cm)
CIMG1280.jpg


2)牛久市中根小学校
2014年1月12日に常磐線ひたち野うしく駅周辺の市街地から中根小学校までの通学路を前回と同様に地上50cmで歩行しながら測定しました。

HSFによるひたち野うしく市街→中根小学校周辺の放射線量マップ
ひたち野牛久-2

市街地の幹線道路周辺でも線量は郊外の奥野小学校とそれほど変わりません。特に市街地特有の道路脇の土溜まりや透水性アスファルト歩道上で0.3μSv/h(50cm)を超える箇所など、強い「都市型濃縮」が点在する事が分かりました。

モール駐車場わき市道の土溜まり 1.094μSv/h(5cm) 50cmは0.3μSv/h
20140112_153400.jpg

子どもの未来を守ろう@うしくの皆さんに案内していただき一緒に歩行しながら通学路を測定しています。
1713.jpg 

HSFで確認された線量の高いポイントについては牛久市が貸し出しているアロカのサーベイメーターで高さごとに平均値を測定、記録しています。
1716.jpg

今後も牛久のお母さんたちの測定活動に協力すると共に、みなさんのこれまでの活動や測定結果について当ブログやニュースレター等で紹介していきたいと思います。
01/22 16:31 | HSF(ホットスポットファインダー)による線量測定 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/110-9aa0e325
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。