スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
しらベルオープニングセレモニー
今日から食品中の放射性物質について、食品衛生上の新基準値が適用されます。

その同じ今日、ちば市民放射能測定室「しらベル」がオープンしました。
午後1時半からのオープニングセレモニーには、千葉市の熊谷市長も来賓としてご出席くださいました。 また、50人以上の方が参加され、測定室の入り口からあふれるほどでした。

CIMG2068.jpg

すでに多くの方が会員登録をされていますが、今日初めて来室された方からも約10名の方に入会いただき、また、ご検討されるという方もみえました。乳児を抱いた若いママさんは熱心に耳を傾けられ、スタッフに細かく質問されていました。

熊谷市長からは、「市民が立ち上げたことに意義がある」と祝辞をいただき、また「連携して市民の安心安全を確保していきたい。」とも。

3.11まで福島第一原発20キロメートル以内で介護職員として働いてみえ、現在は、市原市で避難生活をされている佐藤努さんの自作の歌の披露もありました。

休憩後、富津市の原木シイタケと、三陸わかめの測定のデモンストレーションが行われました。参加者の方々は、測定スペースやモニターをみながら、オペレーターの説明を受けていました。

「しらベル」のオープニングの様子は、午後6時45分からのNHK[首都圏ニュース」でも紹介されました。

多くの方に「しらベル」を知っていただき、利用していただくことにより、不安ではなく、正しい知識と正しい判断を身につけていただき、少しでも安心して、長い放射能との付き合いをしていけるようにと願っています。

04/01 23:18 | 新着情報 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント:

パスワード
   
http://sirabell.blog.fc2.com/tb.php/11-0949db64
* トラックバック: *
template design by takamu
Copyright © 2006 しらベル All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。